風呂場の掃除方法

バスタブ、シャワーヘッド、ドア掃除のコツ

お風呂場は温度や湿度が高く、たいへん汚れやすいところです。
毎日使う場所ですので、きれいに掃除をして、気持ちよく使いたいものです。

バスタブの場合、日常的に掃除するなら、入浴したすぐ後が効果的です。
お湯のおかげで汚れがとれやすくなっていますので、スポンジで軽く掃除しておけばいつもピカピカです。

また定期的に掃除をするなら、残り湯に重曹を1カップほど入れて一晩放置し、翌日シャワーで流しながらゆっくりこすっていきましょう。
湯桶やイスなども一緒に入れておくと、まとめて掃除することができます。

シャワーヘッドは、年月がたつにつれて目詰まりが起こり、一本だけ変な方向に水が飛んだりするようになりますが、これは水道水に含まれるカルシウムが凝固するためで、これを溶かす必要があります。

用意するのはお酢100ccほどと、重曹をスプーン2杯程度で、バケツにぬるま湯を入れ、シャワーヘッドをつけます。
その後1時間程度放置するのがポイントで、それからシャワーを流し、スポンジや使い古しの歯ブラシでやさしくこすると汚れがきれいに落ちます。

浴室のドアのゴムパッキンの頑固な黒い汚れには、クエン酸とぬるま湯を混ぜ、キッチンペーパーに浸したものを使ってパックする方法が有効で、これも数時間放置することで汚れが落ちやすくなります。
最後はきれいに流すのを忘れないようにしましょう。

排水溝を効果的に掃除する2つのポイント

排水溝は、気が付けば汚れが溜まってヌルヌルになっています。
髪の毛に加えて様々な汚れが付着し、なかなか掃除する気が起こらない方もおられる事でしょう。

しかし放置しておくと悪臭の原因になるばかりか、細菌が繁殖したりしかねません。
従って、排水溝を定期的に掃除する事はとても大切です。
では、2つの排水溝の効果的な掃除方法に注目してみましょう。

まず1つ目は排水溝の掃除です。
排水溝の目皿やトラップを取り外し、付着している髪の毛等を取り除きます。
その後カビハイター等を排水溝にふりかけ、5~10分程放置します。
その後シャワーでよく洗い流すと、驚くほど汚れが落ちています。
さらに目立つ汚れがあると、古い歯ブラシ等を使い細かく掃除すると良いでしょう。

2つ目は排水溝の中の掃除です。
中をどうやって掃除するのか、疑問に感じる方もおられるかもしれません。

実は専門道具等は一切必要なく、重曹とクエン酸でシンプルかつ効果的に掃除する事が出来るのです。

方法は至って簡単で、重曹を排水溝の中に振り掛けた後、約同量のクエン酸水を注ぎこむだけです。
すると重曹とクエン酸が化学反応を起こし、大量の泡が発生します。

この泡で、排水溝の中まで徹底的に掃除する事が出来るのです!
とても簡単ですが効果は抜群ですし、見ていて面白いです。
排水溝の掃除でお悩みの方は、是非お試しになってみて下さい。

浴槽の下の掃除方法

お風呂をキチンと掃除しているという人でも、意外と見落としている場所が浴槽の下側です。

マンションやアパートのお風呂は浴槽エプロンというものが付いているものが多く、浴槽の下側は普通は見えない構造になっています。

しかし浴槽エプロンは外すことができ(中には外せないものもあります)、外してみると黒カビ・赤カビや水垢などが大量発生していることが多くあります。

これは浴槽エプロンの下側の隙間から水やお湯が入り込んでいるためで、水はけの悪い場所であるためこのような状態になってしまうのです。

浴槽下側の掃除はどのようにすればいいかということですが、一番簡単な方法は高圧洗浄機を使う方法です。
これを使えば、カビや水垢もスッキリ取ることができます。

ノズルを上手に使い分ければ、狭い隙間や細かい部分の汚れも取れますよ。
それ以外の方法としては、市販のカビ取り剤を使うという方法があります。

排水口を塞いで水(お湯)を貯め、そこにカビ取り剤を流し込みます。数時間放置した後流せばキレイになっているはずですよ。
だたし、カビ取り剤を使った掃除をする際は必ず換気をすること、排水口の掃除を先にしておくということを忘れないでくださいね。

お困りの方は、どうぞお気軽に、一度弊社までお問い合わせください。

このページの先頭へ