様々な「詰まり」の対処法

使えなくなったら困ってしまう!トイレ詰まりの対処法

トイレが詰まって流すことができずに、使用不可能になると、とても厄介です。
家に住んでいる誰もが日常的に利用するものですから、すぐにでも詰まりを解消しなければなりません。

まず、詰まらせてしまった物が便やトイレットペーパーなどの水溶性のものでしたら、しばらく放置することで水に溶けて流れることがありますので、様子を見てください。

50度程度のお湯を注いだり、重曹とお酢を一緒に振りかけておくこと、さらに溶けやすくなります。

改善されないようでしたら、ラバーカップで吸し出しを行いましょう。
ラバーカップを何度か押したり引いたりを繰り返しているうちに大抵の詰まりは解消します。
もし詰まってしまったのが排水口の奥のほうでしたら、ワイヤーブラシを突っ込んで、詰まりを起こしているものを崩して水を流せるようにするという方法も有効です。

水溶性のものではなく携帯電話や子どものおもちゃなどで詰まらせてしまった場合、異物が見えて手の届く範囲でしたら、ゴム手袋をはめて直接トイレに手を入れて取り出すようにします。
もし奥のまで入り込んでしまっているようでしたら、ラバーカップを使って見えるところまで引き上げてあげるといいでしょう。

トイレ詰まりを直す際には、便器周りが汚水で汚れてしまいやすくなります。
ビニールなどでカバーをしておくと、その後の掃除が格段に楽です。

台所のシンクが詰まったらやることは2つ

台所のシンクが詰まってまず行うのは、水で流してみましょう。
ちょっとしたものだったら、それだけで元に戻ります。

もちろん、それでもどうにもならない場合だってあります。
そういうときは、針金を使ってみましょう。

もし無ければ、使わなくなったハンガーを使うことをお勧めします。
奥に突っ込むわけですから、長いほうがいいです。
針金通しを繋ぎ合わせるのも悪くありませんが、ほどけてしまうとそれこそ詰まりの原因ですし、中が傷ついてしまう怖れがあるので、繋ぎ合わせる場合は頑丈にしてください。

針金をそのまま入れてもどうにもならないので、先を少し曲げてください。
そこに詰まっているものが引っかかるはずです。
全部取れるとは限りませんが、かなり詰まっているのなら、引っかかってくるはずです。

1度だけでは足りないと思うので、何回もやってみてください。
かなりの量が取れると思います。

とはいえ、なかなかワイヤーではうまくいかない場合もあるでしょう。
その時は、排水管専用の洗剤・パイプクリーナーを使ってください。
ラバーカップ(スッポン)でも解消できる場合があります。

洗濯機の排水溝が詰まっちゃった?!そんな時の対処法!

日常生活を送るうえで、絶対に欠かせない家電製品である洗濯機。
もしかしたら洗濯物は全てコインランドリーで洗っているという人もいるかもしれませんが、多くの人の家には洗濯機があるはずです。
そんな洗濯機のトラブルの中でも、特に致命的なのが「排水溝の詰まり」です。

排水溝が詰まる原因はいくつかありますが、洗濯機から流れ出たホコリや髪の毛などのゴミが絡まり合って大きな塊になることで、排水が上手く流れず詰まってしまうのが主な原因です。

では、詰まってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?
一番の対処法は、詰まりの原因であるホコリや髪の毛などのゴミを取り除くことです。
洗濯機の排水溝は、ほとんどの場合洗濯機の真下か洗濯機の横にあります。
そこに付いている防水パンと排水トラップを外して、溜まっているホコリや髪の毛などのゴミを取り除けば、詰まりは解消します。

防水パンや排水トラップの外し方が分からなかったり、ゴミが詰まっていないのに水が流れない場合には、洗濯機の故障や排水溝の奥に原因があるかもしれないので、専門業者に見てもらいましょう。

排水溝が詰まってしまうと、悪臭がしたり、排水が上手く流れず床が水浸しになってしまいます。
そうならないためにも、日頃から排水溝のお掃除をしっかり行うことが重要です。

さまざまな水まわりの解消も、弊社ではスピード解決が可能です。
お困りの方は、お気軽にお問い合わせください。

このページの先頭へ