トイレが故障した時は

トイレの水が止まらないときの確認手順と対処方法

トイレの手洗い金具からの水がずっと出っ放しだったり、便器の中の水がずっと流れ続けたりしているときは、いったいどのように対処すればよいのでしょうか。

まず最初に行わなければならないことは、タンク内の確認です!
慎重にタンクのフタを開けて、中を覗いてみましょう。
もしもタンクのないタイプのトイレを使用している場合は、業者の方に相談されるようにしてください。

次に、たとえば節水のため、タンクの中に何か物を入れたりしているのであれば、それを取り除くようにしてください。
もしも何も物が入っていない状態なら、現在のタンク内の水位を確認してみましょう。

タンク内の水が水位線を越えてしまっている場合は、浮き球を水の中から出してみてください。
それでトイレの水が止まるようなら、タンク内の水が多すぎることが原因です。
それぞれのトイレのタイプに合った方法を使って、タンク内の水を減らしてみてください。

逆に、タンク内の水が水位線まで達していない場合は、まず水を流すレバーをチェックしてみましょう。
レバーを回して手を離しても元に戻らないときは、それが原因だと考えられますので、レバーの交換などを行ってください。

レバーが原因でない場合は、フロートバルブが外れてしまっていることも考えられます。
しっかりと確認を行って、もしも外れているときは、ハメ直すようにしましょう。

トイレの水が流れない原因とその対処法

トイレの水が急に流れなくなると、びっくりして慌ててしまうものです。

バケツから便器に水を流してレバーを回せば、便器内の水は流れます。

それから落ち着いて対応しましょう。
水が流れない原因にはいくつか考えられ、それぞれに対処法があります。

まず、「止水栓が何らかの原因で閉まっている」ことです。
止水栓は壁からタンクにつながっている配管の途中にあり、マイナスドライバーが使えます。
錆や経年劣化もチェックしましょう。

次に、水を流すときのレバーにつながっているタンク内部の「鎖が外れている」場合です。
ここが外れていると水が流れない仕組みになっていますので、タンクの蓋を開けて元に戻してみましょう。

またタンク内の、風船のような形の「浮き球が引っかかって動かない」こともあります。
よくあるケースが壁に引っかかっていたり、内部の配管などに接触して充分に機能していない場合です。
こちらは正常な位置に戻してやれば改善します。

浮き玉の棒を曲げることで、水位を調整したりもできます。
ほかには、浮き玉と給水管を接続しているボールタップに、ゴミや水垢が付着して動かないこともあり、こちらはブラシなどで汚れを落とします。

たいていのトイレ修理用の部品は、ホームセンターなどで入手できます。

プロに任せるべきトイレの故障修理

最近のトイレは、水洗トイレとして洗浄用の水が使用されています。
さらに多くの日本の家庭では、洗浄便座も設置されており、ここでも水が使用されています。

トイレの故障としては、水洗の水が流れないといった故障や、水洗用の水がチョロチョロと流れ続けて止まらないといった故障もあります。
また、大と小のレバーのいずれで水を流しても、同じ水量しか水が流れなくなる故障もあります。

一般的なタンク式の水洗トイレは、水の流れるメカニズムが理解しやすく、メカに強い人なら自分で故障修理する事も全く不可能ではありません。

ただし、問題点が分かっても、部品がなければ結局修理できず、業者さんに依頼した方が早期に問題解決するものです。

また1Fと2Fの両方にトイレがある場合に、その水量の差が大きくて気になる事もあるでしょう。
こうした場合には、水道の水圧とトイレ自身の両者が理解できなければ、最適な対処は不可能です。

さらに従来タイプのタンク方式でない水洗トイレでは、素人にはその構造さえ分からない事が多く、できるだけ早く業者さんに来てもらうのが良いでしょう。

温水洗浄便座の場合には、水を飛ばす機能もあれば、水を温める機能もあれば、便座を温める機能もあります。
電子・電気回路と水流路の両方が絡んだ複雑なメカニズムになっています。

こうした温水洗浄便座でも、水漏れが生じたり水周りの故障が生じる事があります。
放置したり素人がいじると漏電や感電の危険があり、電気コンセントを抜いて、すぐに業者さんに来てもらうのがベストです。

弊社もトイレ故障に関する相談・施工を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

このページの先頭へ